Ai Animal Hospital
ホーム 犬のページ 皮膚病の話 その10(症例3治療後)
ホーム
  病院のページ
  犬のページ
    皮膚病の話   
     その1
     その2
     その3
     その4
     その5(症例1治療前)
     その6(症例1治療後)
     その7(症例2治療前)
     その8(症例2治療後)
     その9(症例3治療前)
     その10(症例3治療後)
     その11(症例スライドショー)
     その12 皮膚病の治し方
     その13 皮膚病の治し方2
    外耳炎の話   
    肥満細胞腫 
    てんかん  
    食餌の話  
  猫のページ  
    猫下部尿路疾患  
  
  
  
 
 
 

皮膚病の話

その10



治療前                     治療後

顔に毛が生えてきました。皮の厚みも正常になり、感染は自分の力でコントロールできるようになりました。


耳珠にも毛が生え苔癬化は治まってきました。


この症例では、注射剤の成果をはっきりさせるために、他の栄養剤の投与を控えたので、治り方が少し遅くなりました。しかし、注射剤なしでは、こうは行きません。


脇の下のゴワゴワしていた皮膚は、普通の柔らかい皮膚に戻りました。
写真では、そのことはなかなか伝わらないかもしれませんが、同じような皮膚の症状で悩んでおられる飼い主様には、きっと解かって頂ける事でしょう。

くるぶしのこの部分はなかなか治らない事が多いのですが、注射剤はこの辺りが得意なようで、順調に改善が見られます。
 


<戻る

ラブラドールの症例へ>

マルチーズの症例へ>

その他の症例のスライドショーへ>

皮膚病の治し方へ>



犬のページへ戻る

トップページへもどる

直線上に配置