Ai Animal Hospital
ホーム 犬のページ 皮膚病の話 その2
ホーム
  病院のページ
  犬のページ
    皮膚病の話   
     その1      
     その2        
     その3        
     その4        
     その5(症例1治療前)
     その6(症例1治療後)
     その7(症例2治療前)
     その8(症例2治療後)
     その9(症例3治療前)
     その10(症例3治療後)
     その11(スライドショー)
     その12 皮膚病の治し方
     その13 皮膚病の治し方2
    外耳炎の話   
    肥満細胞腫 
    てんかん  
    食餌の話  
  猫のページ  
    猫下部尿路疾患  
  
  
  スタッフ募集   
  
 
 
 

皮膚病の話

その2

<戻る    次へ>

皮膚病はなぜ治らないか

このページを読む前に1

このページを読む前に、もし、あなたが今、自分の飼っているワンちゃんがアトピーですとか、アレルギーですという診断を受けていて、それに満足しているなら、このページは読まないで下さい。

このページは、今、アトピーですとかアレルギーですから治りませんと言われているにも関わらず、なんとか治したい、あるいは、今の治療に不満がある、診断に疑問を感じている、渡されているお薬に不安を感じているなど問題を抱えているけど解決の手段が見つからない、あるいは見つけたいという人に読んで頂きたいのです。
ただし、このページを読んだ後に、今までの事を後悔したり、自己嫌悪に陥らないように強い意志を持って読んで下さい。



このページを読む前に2


このページを読んで頂く前に、もう一つお願いが有ります。

このページを読む前には、必ず一度は動物病院で診察を受けて下さい。
動物病院に行った事もないけど、皮膚病があるから手軽に直そうとか思われたりすると、後でしっぺ返しを食らう事になるかも知れません。

このページで紹介する方法は、病院ではあまり意識されていない部分に焦点を当てています。
従って、普通に何の障害もなく治されていく皮膚病に対しては、すでに治療されているものとして話を進めていきます。

すでに治療されているはずのものが、実は治療されないままで居たりすると、いつまで経っても改善が見られなかったり、あるいは、悪化していく可能性が有ります。普通に治る病気は、ぜひ、先に治しておいて下さい。


<戻る   次へ>


トップページへもどる

直線上に配置