Ai Animal Hospital
ホーム 犬のページ 皮膚病の話 その6(症例1治療後)
ホーム
  病院のページ
  犬のページ
    皮膚病の話   
     その1
     その2
     その3
     その4
     その5(症例1治療前)
     その6(症例1治療後)
     その7(症例2治療前)
     その8(症例2治療後)
     その9(症例3治療前)
     その10(症例3治療後)
     その11(症例スライドショー)
     その12 皮膚病の治し方
     その13 皮膚病の治し方2
    外耳炎の話   
    肥満細胞腫 
    てんかん  
    食餌の話  
  猫のページ  
    猫下部尿路疾患  
  
  
  スタッフ募集   
  
 
 
 

皮膚病の話

その6



治療前                     治療後


まだ、充分な様子ではありませんが、目の周りもすっきりしてきました。
肌が生き生きとしてきて、自分の力で治る力が取り戻せてきた様子が伺われます。


肘の病変は、すっきりと治り、皮膚の厚みも正常になりました。
正常な皮膚では、写真の様に毛がふさふさと生えている為に、そのままでは地肌が充分に観察できません。


首の部分の病変は、いち早く改善し、毛が生えてきました。
あまりにも毛艶が良過ぎて、写真を撮るのに苦労しました。
白い部分は、禿げているのではなく、いわゆる「天使の輪」が出来て光っています。
身体を撫で回しても、手がベトベトすることはありません。
すべすべして、気持ちの良い毛質になりました


口の周りもすっきりしました。
これで、ワンちゃんにキスをされても、嫌な思いをせずにすみます。
周囲を不快にしていたあの悪臭は、もう有りません。


この写真も、撮るのが大変でした。
毛が白く光っているため、まるで毛が薄い様に見えてしまいますが、すべて毛艶のせいです。
光を落とすと、真っ黒で映らなくなるし、光を当てると、ピカピカ光を跳ね返してきます。

 


<戻る   マルチーズの症例へ>

        シーズーの症例へ>



犬のページへ戻る

トップページへもどる

直線上に配置