Ai Animal Hospital
ホーム 犬のページ 皮膚病の話 その8(症例2治療後)
ホーム
  病院のページ
  犬のページ
    皮膚病の話
     その1
     その2
     その3
     その4
     その5(症例1治療前)
     その6(症例1治療後)
     その7(症例2治療前)
     その8(症例2治療後)
     その9(症例3治療前)
     その10(症例3治療後)
     その11(症例スライドショー)
     その12 皮膚病の治し方
     その13 皮膚病の治し方2
    外耳炎の話   
    肥満細胞腫 
    てんかん  
    食餌の話  
  猫のページ  
    猫下部尿路疾患  
  
  
  
 
 
 

皮膚病の話

その8

<戻る   ラブラドールの症例へ>


皮膚病の話


治療前                     治療後


第88病日の写真です。(来院されてから88日経ちました)
すくすくと毛も生え良好です。
まだまだ、改善の必要がありますが、劇的に変わりました。


皮膚の病気の治療には、大変時間がかかります。
この症例も、ゆうに3ヶ月経過しています。
多くのケースでは、飼い主様が、元々の病気の姿を覚えておられていないので、このように写真で比較するようにしています。


皮膚の一部にまだかさぶたが残っています。
この段階での問題点を教えてくれる大切な病変部分です。
ステロイドなどを使うと、このような病変を隠してしまうために、次へのステップが分からなくなります。
飼い主様には不満の残りやすいところですが、完治するためには辛抱していただく必要があります。


写真で比較してこそ効果が分かりますが、もし記録が無ければ、おそらく飼い主様は、治った事に気づかれなかったでしょう。
皮膚病の治療は、牛の歩みよりも遅いため、なかなか理解していただくのが大変です。




<戻る   ラブラドールの症例へ>

        シーズーの症例へ>



犬のページへ戻る

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置