Ai Animal Hospital
ホーム 犬のページ 食餌の話 人間食 油の話1
ホーム
  病院のページ
  犬のページ
   皮膚病の話
   外耳炎の話
   肥満細胞腫
   てんかん
   食餌の話
     食餌の話−はじめに
     人間食ーその1
     人間食ーその2
     人間食ー塩1
     人間食ー塩2
     人間食ーオイル1
     人間食ーオイル2
     人間食ーオイル3
     フードの話ー不足1
     フードの話ー不足2
     フードの話ー不足3
     フードの話ー不足4
  猫のページ
   猫下部尿路疾患
  
  
  
 
 


食餌の話


<戻る   次へ(油の話2)>


人間の食べ物を犬に与える話 オイル編1



人間の食べ物は、脂っこくて身体に悪いというようなことで、犬には与えてはいけないと言われることがあります。

この話自体は、根本的に間違っている話です。 もし本当に身体に悪い脂をワンちゃんに与えたくないと考えるのならば、すぐにでも、ドッグフードはやめるべきです。
身体に一番悪い脂が、そこに入っているからです。

実は、身体に良い油と、悪い脂とは、常に入れ替えて話されることが多いのです。

一般的に、油がいけないと言われる理由の一つとして、コレステロールの問題など循環器系への影響を心配されることが多いと思います。 そこで、まずコレステロールに関する問題を整理して行こうと思います。



コレステロールについて


コレステロールが動脈硬化など循環器系に影響を与える事は良く知られています。

そのため、血液中のコレステロール値が高くなると、食餌から脂肪分を減らす努力を行うことが良くあります。

しかし、コレステロールはほとんどが肝臓や小腸など体内で合成されています。
したがって、食餌の中のコレステロールを減らしても、血中コレステロールは、思ったほど下がらないのです。

また、体内で循環しているコレステロールは、脳や心臓など、体中いたるところで使われています。 つまり、コレステロールは、身体にとっては絶対必要な物質で、それを体内で合成していると言うことなのです。

現在、コレステロールの研究者の間では、血液中のコレステロールが上昇する理由は、食餌中に含まれるコレステロールの量とは、ほとんど無関係と考えられています。

実は食べたコレステロールが多かったのではなく、作る肝臓・小腸側と、使う脳・心臓側などの連携がうまく行っていないことが原因ではないかと考えられています。

中でも、LDLコレステロールの上昇は総コレステロールの上昇より深刻であると考えられていますが、今このLDLコレステロールの中の酸化LDLと言うものに注目が集まっています。

新しく作ったコレステロールを脳に運ぶLDLが酸化してしまって、機能しなくなった為にいつまでもコレステロールが血液中に残っているのではないかと考えられています。 また、受け取り側のレセプターが酸化して、機能しなくなったという研究結果も出ています。

つまり、LDLコレステロールやレセプターを酸化させる活性酸素がコレステロールの体内コントロールの邪魔をしていると言うわけです。

つまり、酸化している食べ物、さらには酸化している脂を含んでいる食べ物が、一番高コレステロールの問題を引き起こしやすいと考えられます。 と言うことは、ドッグフードこそが一番コレステロールを上昇させやすい食べ物なのです。

また、基礎医学の世界ではリノール酸とオレイン酸が血中コレステロールを下げると言う事が良く知られています。 つまり、サラダ油、オリーブ油、ごま油等は、コレステロールを下げる働きがあるのです。

ひところ、揚げ物の油は、熱で酸化してしまうので、良くないと言われた事も有りますが、今ではかえって熱で酸化した油が破壊されるので、良いとも言われています。

ということは、ドッグフードの脂は血液中のコレステロールを上げてしまい、それを人間が食べている揚げ物が、下げる働きをしてくれるのです。

ですから、人の食べ物が油っこくてワンちゃんの体に悪いという根拠などは、どこにも存在しないのです。

このように、事実とは違って、ワンちゃんの身体に良いものと、悪いものは入れ替えられて語られているのです。
これが、今、巷で語られている誤った噂話の典型です。


油の話はまだ続きます。


<戻る   次へ(油の話その2)>