Ai Animal Hospital
ホーム 犬のページ 食餌の話 人間食 油の話3
ホーム
  病院のページ
  犬のページ
   皮膚病の話
   外耳炎の話
   肥満細胞腫
   てんかん
   食餌の話
     食餌の話−はじめに
     人間食ーその1
     人間食ーその2
     人間食ー塩1
     人間食ー塩2
     人間食ーオイル1
     人間食ーオイル2
     人間食ーオイル3
     フードの話ー不足1
     フードの話ー不足2
     フードの話ー不足3
     フードの話ー不足4
  猫のページ
   猫下部尿路疾患
  
  
  
 
 


食餌の話


<戻る   塩の話へ>


人間の食べ物を犬に与える話 オイル編3




皮膚病で悩んでいる方の中には、自分のところのワンちゃんの皮膚や被毛がべとべとしているから、油の摂り過ぎだと考えている方もおられると思います。

殆ど毎日のように洗っているのに2〜3日するとすぐにべとべになってしまう。 だから、きっと油が多すぎるに違いないと思っておられる方もいるでしょう。 診断名も脂漏症と呼ばれていますから、ますます確信を深めていることでしょう。

しかし、これも本当は、身体の中で必要な油が足りていないのです。 試しにサラダオイルをご自分の手に塗ってみてください。ワンちゃんの肌で感じるあのべとべと感は無く、かえってさらさらした感じになるのがお分かりになるでしょうか?では、あのべとべと感は何なのでしょうか?

今度は、お肉を炒めた後のフライパンに残っている、お肉から出た脂を手につけてみて下さい。

今度は、あのべとべと感に良く似た手触りを感じることが出来るはずです。 しかも、洗っても洗っても、なかなか取れないはずです。

つまり、ワンちゃんの皮膚では、リノール酸を皮脂として出せない為に、代用品を分泌して、そのためにさらさら感を失ってべとべとになったと考えられます。

これは、リノール酸を十分に取り込むことが出来るようになってくるとワンちゃんの被毛がさらさらになってくる事で確かめることが出来ます。

さて、ワンちゃんは、人間の食べている食べ物から植物油を取り込まなければならないことが、何となく分かっていただけたでしょうか? では、油を与えるときの注意を解説しておきましょう。




油の量


皮膚病学の専門書では、体重10kg当たり、ティースプーン一杯のサラダ油を毎日与える事を推奨しています。

このティースプーンと言うのが、案外厄介で、小さじ一杯の大きさと考えるか、小指の爪の先ほどの大きさの物と考えるかで、随分と大きさが違ってきます。

専門書で約3ccと書いていますので、使い捨てのプラスチック製スプーンがちょうど良い大きさと言う事になります。

しかし、多くの場合、この量では下痢をしてしまいますので、今はもう少し治療が進んでからお勧めしています。
しかも、量はもっと少なめで、10kg当たり1cc以下でお話をしています。

いま、私どもの病院で最もお勧めしている方法は、今までの食餌の上にトリのカラアゲを一つ乗せることから始めていただいています。
もちろん、コロモは外さずにそのままつけて与えます。お味のほうも、人の食べている物、そのままで与えていただいています。 そして、フライやてんぷらなど、いろいろな揚げ物を一通り与えることが出来るようになったら、次にその量を増やします。


ここで、肥満の心配をされる方も多いかと思いますが、人間の食餌を足した分、フードは減らすべきです。
とは言っても、殆どのケースではフードに対して興味を失って、食べなくなってしまうことが多いので、量的な心配はそれほど重要ではありません。
ただし、体重は時々計って、増えるようなら、やはりフードの量は減らすべきです。

逆に、フードを全く食べなくなって、それに対して心配される方も多いことでしょう。

人間の食べ物を与えると、フードを食べなくなってしまうから良くないと言われる方もおられますが、私は、ワンちゃんにフードを食べさせたいとは全く思っていませんので、いっこうに構わないと考えています。



油の種類


人間が使っている油にも、いろいろな種類のものがあります。 どれを使うべきなのかは、症状と目的によって違います。

一般的には、普通の日清サラダ油か綿実油をお勧めしています。

オリーブ油は、痒みを和らげてくれる効果が高いのですが、単独では、皮膚病や外耳炎を治すことは出来ません。


しそ油や、えごま油も痒みを良く和らげ、抗アレルギー治療として非常に有効ですが、菌との戦いでは無力です。
痒みを和らげたいのであれば、日清サラダ油とオリーブ油とか、綿実油としそ油などと言う様に、組み合わせて使うのが効果的です。

バターや、牛乳などの乳製品、牛脂などの飽和脂肪酸は、これら痒みのコントロールの目的には逆行する事を覚えておいて下さい。